>>今月のオススメキャンペーン1位は?

結婚式場探しってまず何からやればいいの?後悔しない探し方とオススメのサイトを紹介します!

ほとんどの方にとって結婚式は初めてのこと。

  • 「どんな準備をすればいいんだろう」
  • 「まず何からはじめればいいんだろう」

そんなたくさんの疑問がわいてくるのではないかと思います。

今回は結婚式を探すにあたって「オススメの手順」「オススメのサイト」を紹介したいと思います。

利用しなきゃ損!今月のキャンペーン情報

ゼクシィやハナユメといった人気の結婚式場情報サイトでは毎月お得なキャンペーンを開催しています。

ブライダルフェアのキャンペーンバナー一覧

例えば式場見学するだけで5万円分のギフト券が貰えたりします!

結婚式場を探すときはそういった「キャンペーンがお得なサイト」を利用するのが節約のコツです。

下記のページで今開催中のオススメキャンペーンを全部まとめているので参考にしてくださいね。

>>ャンペーン情報まとめ。一番オトクなサイトはどこ?

おすすめの式場探しの順序

まずは、おすすめの式場探しの順序を紹介したいと思います。

  • Step1.結婚式のイメージや希望をリストアップする

    理想的な時期:挙式日から12ヶ月~10ヶ月前

    まずは結婚式の希望をリストアップします。
    具体的には以下の項目について考えるといいでしょう。

    ・ゲストの人数
    ・費用(自己負担額)
    ・希望の日取り
    ・希望の挙式場所
    ・希望の会場タイプ
    ・希望の挙式スタイル

    ⇒このステップの詳細へ

  • Step2.インターネットで式場探し

    理想的な時期:10ヶ月~8ヶ月前

    希望をリストアップしたら条件に合った結婚式場をインターネットで探しましょう。インターネットだと様々な条件で絞り込んで検索できるので簡単です。

    オススメの式場検索サイトは以下の3つです。
    ハナユメ
    プラコレwedding
    結婚スタイルマガジン

    どのサイトもキャンペーンが魅力的ですし、独自の割引プランなどを掲載しているので条件さえ合えば大変お得に式場探しができます。

    ⇒このステップの詳細へ

  • Step3.結婚式場の見学スタート!

    理想的な時期:10ヶ月~8ヶ月前

    よさそうな結婚式場を見つけたら予約をして見学に行きます。

    比較検討するためにも会場は必ず複数見学するようにしましょう。いきなり本命の式場に行くのはオススメしません。本命の会場は最後にいくことをオススメします(理由は後述します)

    式場見学は楽しいイベントなので、デート感覚で気軽に参加するのがオススメです。

    ⇒このステップの詳細へ

  • step4.結婚式場と本契約

    理想的な時期:8ヶ月から6ヶ月前

    気に入った会場がみつかったら本契約に進みます。
    日取りの確保などがあるので遅くとも半年前までには契約に進むことをオススメ致します。

    ちなみに値引き交渉するなら本契約前がオススメですよ^^

    本契約後は解約金がかかってしまうので、契約は慎重に。

    ⇒このステップの詳細へ

では上記の流れを一つずつ解説していきますね。

Step1.結婚式のイメージや希望をリストアップする

理想的な時期

プロポーズを受けてから挙式10ヶ月前まで

「結婚式の準備」の第一歩目は「自分がどんな結婚式を挙げたいのか」を明確にすることからはじめましょう。

「自分が何を望んでいるのか」が分からないと、準備のしようもありませんからね。

具体的には以下の項目を考えれば十分でしょう。

結婚式場を探す上で最初に考えたいこと
  1. ゲストの人数
  2. 費用(自己負担額)
  3. 日取り
  4. 挙式の場所
  5. 挙式のスタイル
  6. 会場のタイプ

二人で話し合いながら結婚式のイメージを具体化させていきましょう。自分の希望を紙に書いていくことで整理しやすくなると思います。

もちろんこの段階ではふわっとしたイメージじで大丈夫です。「なんとなくこんな感じがいいなぁ」くらいの大雑把でOK!

では一つ一つ見ていきましょう。

1.ゲストの人数を考える

「呼びたいゲストの人数」を考えましょう。

こちらは式場を見学する前にある程度ハッキリさせておいたほうがいいです。

新郎・新婦それぞれでゲストの人数を数えてみましょう。

ゲストの種類
  • 親・親族関係
  • 友人関係
  • 会社関係
  • 知人関係
  • その他

ゲストの人数は見積もりを作ってもらう際にも大事です。また、人数がわかると貰えるご祝儀の額の予想がつくので、予算の見通しも立てやすくなります。

迷ったらとりあえず「予想する最大人数」を想定しておきましょう。

2.出せる自己負担額を考える

予算はとっても大事です!
挙式に出せる費用はいくらくらいか、二人でしっかりと話し合いましょう。

予算はご祝儀分も含めて計算するのが大事。

ただ初めての方はどれくらい費用がかかるかよく分かりませんよね。

ゼクシィ結婚トレンド2020調べを参考に「当サイト独自に調べた人数ごとの割引率」などを加味した「挙式費用」「貰えるご祝儀の予想額」「自己負担額」を計算した表になります。

あくまでも目安ではありますが、実際の数値とかなり近いと思います。

2021年版 挙式費用・自己負担額の目安表

ゲストの人数 挙式費用 ご祝儀 自己負担額
30人 153万円 99万円 54万円
40人 204万円 132万円 72万円
50人 256万円 165万円 91万円
60人 307万円 198万円 109万円
70人 358万円 231万円 127万円
80人 409万円 264万円 145万円
90人 460万円 297万円 163万円
100人 512万円 330万円 182万円
110人 563万円 363万円 200万円
120人 614万円 396万円 218万円

ご祝儀とはゲストからいただけるご祝儀の予想額です
自己負担額とは挙式費用からご祝儀を引いた額、つまり自分たちの財布からいくら出すかということです。

結婚式は何百万とかかるものですが、ご祝儀分を引くと意外と自己負担額が少なくて済むケースが多いんですよ。

ただこちらの表はあくまでも目安なので参考程度にしてくださいね。時期や日取りなどで数十万~百万単位で変動がありますから。

自己負担額に関してはこちらの記事も御覧くださいね。もう少し詳しく解説しています。

3.希望のエリアを考える

どこで結婚式を挙げたいのかを考えましょう。

どんな場所で結婚式を挙げたい?
  • 国内
  • 海外
  • 地元
  • リゾート地
  • 二人の思い出の場所
  • ゲストの通行性の利便を最重視!
  • 駅から近い方がいい

など様々な観点から自分の希望をリストアップすることが大切です。

ゲストの通行の利便性なども考慮にいれましょう。

実際先輩カップルの半数以上が「ゲストの通行の利便性を重視して会場選び」をしています(ゼクシィ結婚トレンド2020調べ

例えば挙式会場を遠方に設定してしまうとゲストの宿泊費も余分にかかるようになってしまいます。そういったことも計算に入れながら場所を考えていきます。

4.希望の日取りを考える

結婚式の日取りを考えましょう。

日取りはいつにする?
  • 自分たちの特別な日に挙げたい
  • ゲストの都合を優先したい
  • 半年以内に挙げたい
  • なるべくお得な日に挙げたい
  • 六曜(大安・仏滅)は気にする?

など様々な点を考慮しながら決めたいところ。

また、結婚式は日取りで金額が大きく変わってきます。当たり前ですが、人気月は予約が取りにくい上に、挙式費用も割高になっています。

一番人気な月ベスト3

1位 11月・・・15.7%
2位 10月・・・11.3%
3位 9月・・・11.1%

11月と10月は毎年トップを争うほど人気です。どちらも気候的に暑すぎず寒すぎずということで結婚式には最適な気候だからです。

ただどちらの月も費用が高く予約が取りづらいので、この月に予約をするなら早めに動くことが肝心です。

特に人気の式場だと1年以上前から埋まっていることもあるので注意してください。

そこそこ人気な月

4位 2月・・・9.3%
5位 6月・・・9.2%
6位 5月・・・8.0%

これらの月も人気があります。6月はジューンブライドなんて言われていますが、梅雨の時期ということもあって敬遠される方も多いです。

意外なのは2月。去年の統計ではもう少し低い順位でした。

普通な月

7位 7月・・・6.6%
8位 4月・・・6.4%
9位 12月・・・6.4%

費用と予約の取りやすさのバランスがいい月ですね。4月は気候的に穏やかですが、新生活の始まりということも有り慌ただしく挙式数自体は多くありません。また花粉が辛い季節です。

挙式日としてはあまり人気がない月

10位 3月・・・6.3%
11位 8月・・・6.2%
12位 1月・・・3.2%

やはり暑さと寒さがネックとなり、挙式月としてはあまり選ばれることがない月です。

その分予約も取りやすく費用的にみると大変お得になっています。気候やスケジュールさえ許容できるなら費用的にオススメできる月と言えます。

ランキングは最新のゼクシィ結婚トレンド2020調べを参考にしています。
調査対象:※2019年4月~2020年3月に結婚・結婚予定があったカップル)

 

結婚式の繁忙期は10月と11月。やはりこれらの月は費用も高めにせていされています。

逆に1月や8月など気候的にきつい日は、お得なプランがあったり、大きく値引きしてくれたり費用的にはお得です。

気候を取るか費用を取るか優先順位をつけると選びやすいと思います。

具体的な日にちが決まっている場合は六輝にも注意。大安や友引は挙式費用が高いのは言うまでもありませんね。

●挙式実施日の暦(六輝)はいつにした?

  • 1位:大安     33.0%
  • 2位:覚えていない 17.2%
  • 3位:赤口     11.3%
  • 4位:仏滅     10.1%
  • 5位:先勝     9.7%
  • 6位:先負     8.9%
  • 7位:友引     8.4%

ゼクシィ結婚トレンド2020調べ

結婚式を挙げる時間帯も合わせて考えましょう。近年は夕方から挙式を行うナイトウェディングも人気が高いです^^

関連記事

下記の記事では月ごとの特徴と大安などの吉日をカレンダーでひと目で分かるようにしています。参考にしてください。

2020年版お日取りカレンダー

2021年版お日取りカレンダー

5.挙式スタイルを考える

希望の挙式スタイルを考えましょう。代表的なスタイルは以下の3つです。

代表的な挙式スタイル
教会式
キリスト教式とも呼ばれます。教会で愛を誓いあう一番オーソドックスなスタイルですね。
神前式
日本の伝統的なスタイル。和装で結婚式を挙げたいならこちらを。神社やホテルにある神殿などで行われます。
人前式
形式にとらわれない自由な形。参列者の前で結婚の誓いをします。森のなかで愛を誓ったり、砂浜で誓ったりと何でもありです。

この他にも

  • 家族だけでの挙式
  • 1.5次会(会費制ウエディング)
  • 海外で二人だけで挙式して、日本でお披露目パーティーを開くスタイル

など今の時代は様々な選択肢があります。

二人で相談して自分たちの理想の挙式スタイルを選んでいきましょう。

関連記事3大挙式スタイルの特徴と相場を徹底解説。教会式・人前式・神前式あなたにふさわしいのはどの形式?

6.会場のタイプを考える

結婚式場には大きく分けて4つの会場タイプがあります。

4つの会場タイプ
  • ホテル
  • 専門式場
  • ゲストハウス
  • レストラン

これらは会場ごとに特徴があります。

  • 正統派の結婚式ならホテルか専門式場。
  • 特別感やプライベート感を重視するならゲストハウス。
  • 料理やカジュアルな雰囲気を重視するならレストラン。

ちなみに費用面でいったら高い順に

ゲストハウス(一番高い)

ホテル

専門式場

レストラン(一番安い)

となっています(ゲストハウスが一番高い)

会場のタイプに関してはわからないなら無理に決める必要はありません。決めるのは見学しながらでも十分間に合いますので。

会場のタイプに関してはこちらにその特徴をまとめています。

迷ったらプロに相談する手もある

ただ、この段階で結婚式に関して分からないことが多すぎると感じたなら、思いきって「プロ」に相談してみることもオススメです。

日本には結婚式場に熟知したプロのコンシェルジュに無料相談できるデスクやカウンターが全国各地にあるので、そういったところを利用すると式場探しが大変楽になります。

もちろん無料で利用できます

代表的な相談カウンター
  • ゼクシィ相談カウンター
  • マイナビウエディングサロン
  • ハナユメ ウエディングデスク
  • ブライダルサロンTUTU
  • みんなのウェディング相談デスク
  • ウエコレブライダルサロン
  • プラコレウェディング

プロに相談することで、自分の希望を明確にしてもらえたり、あなたに最適な結婚式場を紹介してもらえます。

また「自分では探すことのできない式場と巡りあわせてくれる」という利点もあります。

個人的にオススメなのは「ハナユメウエディングデスク」と「プラコレwedding」です。

ハナユメの相談デスクはオリコンの満足度調査で史上初の5年連続1位を獲得した人気の相談デスクです。
オリコン顧客満足度(R)ランキングで5年連続No.1 ※2017年〜2021年 オリコン顧客満足度(R)ランキング 結婚式場相談カウンター 第1位

オリコン顧客満足度(R)ランキングで5年連続No.1
※2017年〜2021年 オリコン顧客満足度(R)ランキング 結婚式場相談カウンター 第1位

私も体験したことがありますが、相談員の質が高く、アドバイスも的確でした。もちろん無理な営業や押し売りなども皆無でしたよ(ただこれは相談員との相性もあるかと思いますが)。

体験レポートも書いているのでよければ御覧くださいね^^

プラコレウェディングはオンラインでの相談に特化した式場情報サービス。LINEやチャットでプロに気軽に相談できたり、いくつかの設問に答えるだけで条件に沿った結婚式場を教えてくれるウェディング診断など、今大変人気のサイトです。

利用はどちらも無料なので結婚式に関して右も左もわからない方は利用してみはいかがでしょうか^^

Step2.インターネットで式場探し

理想的な時期

10ヶ月前から8ヶ月前まで

さてさて、ある程度イメージが明確になったらいよいよ式場探しです。

結婚式場の探し方は大きく分けて3つ。

式場を探す3つの方法
  • 雑誌
  • 相談デスク
  • インターネット

まずはインターネットで探すのがオススメ!

まずはインターネットで探してみるのがオススメです。

雑誌のゼクシィなんかもいいとは思うのですが見て下さいこの厚さ。
ゼクシィの厚み

この中から自分好みの式場を探すのはかなり骨が折れる作業です(汗)

相談デスクもプロに相談できていいとは思うのですが、最初はネットで自分で探してみましょう。わざわざ出向くのもちょっとハードル高いですしね。

ネットなら家にいながら気軽に希望地や予算などの条件で細かく絞って検索できます。
マイナビウエディング 詳細検索

オススメの式場探しサイト

個人的にオススメの式場探しのサイトを紹介させていただきます。どのサイトも全国の式場を掲載していますし、お得なキャンペーンなども実施しています。

キャンペーンの内容などを比較して、お得なところから予約するのがオススメです^^

下記の記事も参考にしてくださいね。

ゼクシィ

ゼクシィ キャプチャ

まさに知らない人はいない存在ゼクシィ!式場探しの王道ですね^^結婚式場の情報だけでなく、結婚全般に関するノウハウも豊富に掲載されています。

ゼクシィへ

マイナビウエディング

大手企業の「マイナビ」が運営している式場ポータルサイト。

マイナビウエディングは他の結婚情報サイトと比較して、

  • キャンペーンがとっても魅力的
  • 検索機能が優れている!

などといった強みがあります。

マイナビウエディングへ

Hanayume(ハナユメ)


渡辺直美さんのCMで話題沸騰中。こちらもキャンペーンが魅力的。「半年以内の結婚式で最大100万円以上お得」になるなど、割引特典が満載のサイトです。

また、上でも少し紹介しましたが、ハナユメの相談デスクはオリコンの満足度調査で5年連続1位です。
オリコン顧客満足度(R)ランキングで5年連続No.1 ※2017年〜2021年 オリコン顧客満足度(R)ランキング 結婚式場相談カウンター 第1位
オリコン顧客満足度(R)ランキングで5年連続No.1
※2017年〜2021年 オリコン顧客満足度(R)ランキング 結婚式場相談カウンター 第1位位

サイトも見やすいですし、個人的にもかなりオススメのサイトの一つです。

現在ハナユメでは当サイト限定キャンペーン実施中です。当サイト経由ですとどこよりもお得に式場見学ができますよ^^

ハナユメへ

結婚スタイルマガジン

ジュエリで有名なNIWAKAが運営しているのが結婚スタイルマガジンです。

  • 式場数No.1
  • 式場記事数No.1

とにかく幅広い結婚式場を載せているのが特徴です。

また結婚スタイルマガジンでは結婚式場を決めると「最大20万円分のご祝儀が貰える」というキャンペーンを開催しています。

実は結婚スタイルマガジンの運営費はNIWAKA(ジュエリー)の売上で賄っているため、式場から広告費をもらっていません。

その分の費用を新郎新婦に還元することで、最大20万円分のご祝儀が可能になっています。カップルに優しいサイトと言えるかもしれません^^

結婚スタイルマガジンへ

プラコレウェディング


プラコレウェディングはオンラインでの式場探しに特化した結婚式情報サイトです。

  • いくつかの設問に答えるだけで希望にあった結婚式場のプランを教えてくれる「ウェディング診断」
  • チャットで結婚式場のプランナーに直接質問できる「チャット機能」
  • プロの相談員にLINEやチャットで何でも相談できる「コンシェルジュサービス」

など、式場探しのコストを大きく減らすツールや仕組みがたくさんあります。

もちろん全て無料で利用できますし、ウェディング診断に関しては「心理テスト感覚」で受けることができて楽しいので気軽に試してみるのをオススメ致します。

プラコレweddingへ


式場予約サイトってたくさんありすぎてよくわからない!

そんな方に向けて当サイト独断でおすすめサイト紹介します。

当サイト的には

ハナユメ
結婚スタイルマガジン
プラコレウェディング

の3サイトがおすすめですよ。

どちらもキャンペーンの内容が毎回豪華ですし、独自の割引プランなども多く掲載しています。

迷ったらとりあえず上記3サイトをチェックしてみてくださいね。

キャンペーンの内容に関してはこちらにまとめているのでよければ御覧ください。

Step3.式場見学スタート!

ハートフィールド入り口

理想的な時期

10ヶ月前から8ヶ月前まで

先程紹介したサイトの中から自分の条件にあった式場をいくつかピックアップして実際に見学に行ってみましょう。

どんな服を着ていけばいいの?
フェア参加時の服装は基本的には自由です。ジーンズやサンダルで参加される方も多くいらっしゃいます。とはいえ結婚式場は神聖な場。いつもより若干綺麗目な格好を意識していくのがオススメです。また館内見学のときは結構歩くことも多いので、履きなれた靴で行きましょう。

服装に関してはこちらの記事を御覧くださいね。

といってもいきなり本命の式場を見学するのはオススメしません。

後述しますが本命の式場見学は「最後」がオススメです。

一会場目でいきなり契約するわけではないので、最初は軽い気持ちで参加しましょう。

フェアに参加するととても楽しいイベントが待っています。

模擬挙式や試食会。ドレスを着させてくれるフェアもあります。フェアに参加すればするほど「自分にとって必要なもの・必要でないもの」「妥協できる所・妥協できない所」が明確になっていきます。

教会式より神前式のほうがいいなと思うかもしれませんし、そもそも結婚式に思い入れがないことに気づくかもしれません。この段階ではその「気づき」や「フィーリング」こそが大事です。

フェアに参加すると「見積り書」も作成してもらえますので、予算の目安にもなりますね。


ブライダルフェアの種類や体験できるイベントに関してはこちらを御覧くださいね^^

ブライダルフェアは挙式前の今しか体験できませんから、この機会をおおいに楽しみましょう。

ちなみにブライダルフェアや式場見学で確認したほうがいいことは下記の記事にまとめています。

このなかで自分たちのこだわりや気になった所だけメモしていくのがオススメです。

本命の会場は最後に見学するのがオススメな理由

本命の会場はなるべく最後に見学しましょう。

理由は3つあります。

  • 他会場の見積もりを値引き交渉の材料として使える
  • 自分の好みやチェックすべき項目がより明確になっている
  • 会場との交渉(値引き交渉含む)も上手くなっている

本命の式場を最後に見学することで、ある程度経験を積んだ状態で参加することができるのはやっぱり大きいです。

はじめての見学で本命の式場に参加してしまうと「何をチェックしたら良いのか」「費用が高いのか安いのか」も分からないので後から後悔の元ですからね。

また他会場の見積もりを値引きの交渉材料に使用することもできますね。

先に本命以外の会場に行って見学や交渉の経験を積んでおきましょう。

式場見学では写真を撮りまくろう

式場見学やフェアの当日はカメラ(スマホでも可)を持参して、写真を撮りまくりましょう(一応撮影許可はとってくださいね)

写真がたくさん撮っておけば比較検討するときに大変便利ですから。私も参加したときは100枚以上撮りましたよ。

またプランナーさんの対応や式場の雰囲気などもチェックしましょう。

注意!その場では絶対に契約はしない

気に入った会場があっても必ず家に持ち帰って冷静になってから契約することをオススメいたします。

会場見学に行くと「今契約するとお値引きしますよー」みたいに契約を焦らせてくるケースが結構あります。

式場見学で契約を即決するカップルの図

でも焦って契約しては絶対にダメです。結婚式は何百万もする高い買い物!必ず一度持ち帰って検討するようにしましょう。

値引きに関しても「あの時提示してくれた条件を適用してもらえれば契約します」と言えば、大抵適用されます。

step4.結婚式場と本契約

理想的な時期

理想的な時期:8ヶ月から6ヶ月前

気に入った式場があれば「契約」に入ります。式場によっては契約時に申込金としていくらかの(10万程度が多い)お金を支払う必要がある場合もあります(*もちろん支払いは後から振込みでOKです)

人気の式場は挙式希望月に予約が取れないケースもあるので、契約前にしっかりと確認するようにしてくださいね。

一度本契約してしまうと、キャンセルするときにキャンセル料がかかるようになってしまいます。

結婚式場のキャンセル料高すぎ!

また、結婚式場との契約はクーリングオフも適用されません。契約はくれぐれも慎重に行ってくださいね。

契約時の注意点に関してはこちらを御覧ください。

値引きは契約前がオススメ

皆さん結婚式の値引き交渉ってしてますか?

「結婚式は縁起物だから値引き交渉なんて考えもしなかった」って人が意外と多いんです。

ズバリ結婚式でも値引き交渉は可能です!

値引き交渉により演出料をサービスしてくれたとか、持ち込み料が半額になったなど、多くの方が値引き交渉に成功しています^^

一般的に10万~20万は値引きしてくれると心得ましょう。頑張ればそれ以上の値引きも可能です。

値引き交渉に一番ふさわしい時期は、言うまでもなく本契約の前です。

値引き交渉のコツ
  • 他会場の見積もりを持参して「こちらの会場と迷っている」と牽制する。
  • 「○○を割引してくれたら契約します!」と値引きを条件に契約をちらつかせる

かなりベタな方法ではありますが、やはりこの2つの方法が一番効果があります。

値引き交渉は少し勇気が必要かもしれませんが、ぜひともチャレンジしてみてくださいね^^

契約後

契約後はプランナーさんと一緒に結婚式をつくっていきましょう^^

プランナーさんとの本格的な打ち合わせは挙式日より3~4ヶ月前から始まります。

式場とそのプランナーさんとの出会いによって結婚式の成否が決まると言っても過言ではありません。

一生の思い出になるステキな結婚式にしましょうね。

実際に見学して初めて分かることがたくさんある

式場見学やブライダルフェアは最初はデート感覚で気軽に楽しむのがいいのではないかと思います。

大事なのは「複数の式場を比較・検討」すること。そして数値化出来ない「フィーリング」の部分です。

「ここで式を挙げたらどうなるんだろう」と自分に質問してワクワクしたらそれはGOサインです♪

結婚式は一生に一度。後悔のないように式場選びは妥協せずしっかりとこだわりましょうね。