披露宴をしないで『挙式のみ』ってどうなの?寂しくないの?メリット教えます!

「結婚式なんてしたくない!」

今は結婚式を行わないで婚姻届を提出するだけで済ませるカップルが増えているそうですね。

結婚式を挙げないで籍だけを入れることを「ナシ婚」と呼ぶらしいのですが、なぜ「ナシ婚」は増加傾向にあるのでしょうか。

「ナシ婚」を選ぶ理由

みんなのウェディングの調査結果を見てましょう。

結婚式を挙げなかった理由

  • 1位 経済的事情(29.3%)
  • 2位 授かり婚(23.5%)
  • 3位 セレモニー的行為が嫌(11.7%)
  • 参考 みんなのウェディング 

やはり経済的理由が1番の理由でした。なんと日本には経済的事情で結婚式ができない人が年間10万組もいるんですって!長引く不況の影響をひしひしと感じる統計ですね。

2位が「授かり婚だったから」という理由。お腹の中に赤ちゃんがいるので結婚式を挙げることができなかったということですね。

3位は「セレモニー的行為が嫌」というもの。人前に出るのが苦手だったり、結婚式にそもそもの意味を見いだせないなどですね。

お金がないという理由で挙式をしないのはもったいない

一方でこのようなデーターもあります。

最初はナシ婚の予定だったカップルが実際に結婚式を挙げたとき、じつに85%のカップルが「結婚式を挙げてよかった」と答えているんです。

考えてみれば結婚式は「家族を持つことを意識する場所」でもあり「両親へ感謝の気持ちを伝える場所」でもあり「二人の一生の思い出」でもあり「人生の節目」でもあります。
私達結婚しました

人生は一生に一度。お金がないとか、目立つのが苦手だとか、授かり婚だからという理由で挙式をしないのはもったいない気がします。

だって結婚式って本当に楽しくて素敵な体験です。結婚式の写真が一枚家に飾ってあるだけで「初心」に返ることができます。


今はお金があまりなくても結婚式を挙げる方法はたくさんあります。

  • 家族や二人だけの結婚式
  • 会費制の結婚式
  • ご祝儀婚
  • フォトウェディング

少しでも興味があるなら後悔しないように色々と調べてみるのがオススメです。

セレモニー的行為が嫌という人は後悔しないか真剣に考えて

人前に出るのが苦手だったり、そもそも結婚式そのものに「必要性」を感じない人もたくさんいらっしゃると思います。

「お金がたくさんかかって、恥ずかしい思いをして一体何のメリットがあるの?」なんて。

純粋に「面倒くさい」なんて思ってる方も今の時代は多いでしょう。

もちろん結婚式を挙げる、挙げないは個々の自由。義務ではありません。だからあなたが必要ないと思ったら無理に挙げる必要は全くありません。

大事なのは二人でしっかり話し合って、本当に後悔しないのかちゃんと考えてみることです。

実はここだけの話、私も夫もかなりの緊張しいなので、当初「結婚式なんてやらなくてもいいかなー」なんて思っていたんですよね^^;人前に出るのが苦手苦手だし、準備が大変で面倒なイメージしかなくて(笑)

でも色々紆余曲折があり、結局は結婚式を挙げることになったのですが、やっぱり想像の中の結婚式と、実際の結婚式は全然違いました。

準備の時間も、ものすごく緊張したことも、親の前で泣いてしまったことも、今では本当にいい思い出。家族の絆も深まりましたし、「結婚したんだ」「家族になったんだ」という実感も強くわきました。

今では結婚式を挙げてよかったと心から思っています。

結婚式を挙げたカップルの方が「離婚率」も少ないなんて統計もありますよね。

どちらにせよ人生は一度きり。本当に結婚式を挙げなくて良いのか、一度二人でしっかり考えてみることが大切です。

人はやったことよりもやらなかったことを後悔する生き物ですからね。

授かり婚でも結婚式を諦める必要はない

また本当は結婚式をしたいけど、妊娠してるから諦めている方も大勢いらっしゃいます。

けれど諦めるのは早計ですよ。なぜなら、今の時代「マタニティウェディング」に対応している式場やサービスはたくさんあるからです。
マタニティウェディング
マタニティウェディングに対応している式場だと家にいながら打ち合わせができたり、準備時間が少なくてすんだり、妊婦に配慮した形になっています。

今は結婚式をあげるカップルの4人に1人が妊娠中なんて言われていますしね^^

マタニティウェディングに関してはこちらを御覧くださいね。

今は挙式のみを行うカップルも増えている

じつは「ナシ婚」のカップルが増えているのと同様に披露宴を行わず「挙式のみ」を行ったカップルも増加傾向にあるんです。

ゼクシィのブライダル総研のレポートを見てみましょう。

挙式のみ行った人の割合
参考:ゼクシィ結婚トレンド調査 2014を元に作成

 
グラフを見てみると「挙式のみ」を行ったカップルは年々増加傾向にあるのが分かります。

2014年には約12組に1組は披露宴を行わず挙式のみを行っています。2011年の二倍以上も増加しています。

披露宴をやらず挙式のみを行う理由は様々です。

  • あまり派手なことはしたくないから
  • シンプルな式にしたかったから
  • お金を節約するため
  • 家族だけの暖かい式にしたかったから
  • 自分たちのお金だけで式を上げたかったから
  • 時間がなかったから

理由は人それぞれ違いますが、一つの選択肢として披露宴をしないで「挙式のみ婚」は大いにありだと私は思います。むしろ私は大大大賛成!

披露宴を行わないで「挙式のみ」を行うことの意味

ただ籍を入れただけでは「結婚した」という自覚も湧きにくいと思います。私達が「夫婦」になったと一番自覚したのはやはり結婚式を挙げた後だったと思います。結婚して籍を入れただけではまだ「同棲」感覚が抜けていませんでした。

教会式であれ神前式であれ、挙式を行うことは、一つのけじめにもなります。

違う土地、違う家で生まれた二人が縁があって出会って「結婚」して「家族」になる決断をしたわけです。そのことをしっかりと自覚するという意味においても「披露宴」はともかくとして「挙式」をすることは意味のあることだと思うんです。

私達の場合たまに夫婦で喧嘩した時も「挙式の写真」を見ることで初心にかえることができています。

お金がなくても時間がなくても「挙式のみ婚」なら大丈夫!

お金がなくても、時間がなくても、様々な事情があって披露宴が開けなくても「挙式のみ婚」ならほぼ全ての問題を解決できます。

挙式のみならお金はかかりませんし、準備期間もほとんど不要。目立つのが嫌なら二人だけで挙式してもいいですし、身内や親族だけで小さな挙式にすることも自由です。

海外で二人だけで「挙式をする」方も増えているみたいですよ^^

私達の場合は人前に出るのはあまり得意じゃなかったので、家族と本当に親しい友人だけを呼んだ小さな小さな結婚式を挙げました。披露宴も「披露宴」というよりも「お食事会」といった雰囲気でしたし。

それでも教会で二人で愛を誓い合ったこと。両親が泣いて喜んでくれたこと。その全てが一生忘れることのできない思い出になっています。写真もたくさん残るし、本当にやってよかったです。

「結婚式の写真を飾っていると、喧嘩した時の仲直りが早くなる」なんてデータもあるみたいですよ^^

もちろん挙式は無理にやることでも嫌々やることでもありません。けれど「お金がないから」とか「授かり婚だから」とか消極的な理由で挙式をしないことを選択しているのなら、今の時代は様々な選択肢があるんだよということをお伝えしたいです。

「結婚式はゲストを何十人、何百人と呼ぶものだ!」
「披露宴は絶対にするもんだ!」

今はもうそんな時代ではありません。本人たちの事情や希望を考慮して色々な結婚式の形があります。

「挙式のみ」の相場はいくらくらい?

挙式のみをする場合、費用の相場はいくらくらいなのでしょうか?

ゼクシィ結婚トレンド調査から「挙式料」を調べてみました。

挙式料いくらかかった? 相場と平均をグラフにしてみた
平均すると37.4万円!

「挙式のみ」の場合でも会場の種類や日取りによって費用にはかなりの差が出ます。神前式か教会式かによっても費用が変わってきます(神前式のほうが費用が高い傾向があります)。

けれど、当たり前ですが通常の結婚式と比べると遥かに安いことがわかりますね^^

披露宴を行わず「挙式のみ」を行うメリット

披露宴を行わず「挙式のみ」を行うメリットはたくさんあります。もう一度まとめてみたいと思います。

リーズナブル!

上でも書いたように挙式のみの場合費用の平均は37.4万円ほど。式場や時期によっては10万円以内で済むことも。浮いたお金を新居の費用や新婚旅行にあてることができます。

二人だけで挙げることも可能

二人だけで挙式をするのも素敵ですね。私の友人で海外の新婚旅行先で二人だけで挙式を挙げたカップルがいます。とても素敵な思い出になったといっていました。

親族に囲まれて暖かい結婚式になる

親族だけ呼んで挙式だけ行うのも素敵ですね。親族に囲まれる式はとても暖かく一生の思い出になると思います。披露宴は行わなくても、挙式後に食事会をやるのもいいですね^^

関連ページ

見世物感が減る

披露宴が苦手な方は多いと思います。様々な催し物があったり、お色直しをしたり、両親に向けて手紙を読んだり、そういったイベントが苦手な方もいらっしゃると思います。挙式のみなら「見世物」のようになることもありません。

準備に時間がかからない

通常結婚式の準備期間は平均して10ヶ月!
挙式のみならほとんど準備期間がいりません。一週間で挙式をしてしまった人もいるとか。仕事を抱えている方、子育てで忙しい方でも「挙式のみ」なら十分行うことが可能です。ゲストを呼ぶ場合もスケジュールの調整がしやすいですね^^

『挙式のみ』の結婚式はどういったところで挙げたらいいの?

今は時代のニーズなのか少規模な結婚式を開催している式場もずいぶん増えました。なので普通に『ゼクシィ』や『マイナビウエディング』で探して大丈夫です。

すべての会場が対応しているわけではありませんが、「挙式のみ」プランが用意されている式場はたくさんあります。

例えばゼクシィだと「挙式のみ」という条件で式場が検索ができます。ゼクシィ 挙式のみ

迷っているならとにかくブライダルフェアや式場見学に行ってみよう!

披露宴や結婚式のことで迷っている方は、一度「挙式のみプラン」がある式場のブライダルフェアや式場見学に参加してみることをオススメいたします。参加してみることで相場や雰囲気など色々なことがわかりますからね。

ゼクシィやマイナビ経由でフェアを予約すると、参加するだけでギフトカードが貰えるキャンペーンをやっていますから得でもあります^^

デート感覚で参加すると楽しいですよ♪

キャンペーン情報はこちらでまとめています。

フォトウェディングや会費制のウェディングも検討の余地あり!

fotolia_84275172_xs
近年は結婚したカップルの40%が「ナシ婚」を選んでいるなんてデータもありますが、それでも全く何もしないというカップルは少ないんです。

大々的な挙式や披露宴をする方の数が減っていることは事実ですが、「フォトウェディング」「会費制の結婚式」などちょっとしパーティやセレモニーを行うカップルは増えてきています。

例えば、フォトウェディングだったらヘアメイクやドレスやフォトデータなども込みで、10万円前後でできちゃいます!

写真は一生残ります。結婚式や披露宴をしたくないと思っている方は、フォトウェディングだけでも検討してみてはいかがでしょうか。

絶対ステキな思い出になりますよ^^

会費制ウェディングもオススメ

『挙式のみ』や『フォトウェディング』だけでは物足りないと感じたら、親族や友人を招いて会費制の食事会やカジュアルなパーティーを開いてもいいですね。

会費制ウェディングの最大の特徴はゲストから「ご祝儀」ではなく「定額の会費」をいただくこと。会費は1万5千円前後が主流なので、ゲストの負担も少ないので気軽に誘いやすい。

さらに普通のご祝儀制の結婚式&披露宴と較べてリーズナブルな価格設定なので、新郎新婦の経済的な負担も比較的少なくて済みます。

会費制ウェディングで有名なところと言えばアールキューブという会社が運営している『会費婚サービス』

会費婚ロゴ

RCUBEの『会費婚』では、従来の結婚式の費用を徹底的に見直すことで、なんと最低5万円の自己資金から質の高い挙式&披露宴ができてしまうんです!

普通結婚式の自己負担額って100万はします。それと比べると破格の安さですよね。

利用者の評判もかなりいいみたいで、ここ数年利用される方がかなり増えているみたいですよ^^

私も実際に会費婚ラウンジに取材しに行かせていただいたのですが、人気が出るのも納得のクオリティだと感じました。
(*ただ残念なことに現在は首都圏の会場しか取り扱っておりません)

そのときの記事はこちら

会費制ウェディングは、主催者、ゲストともに金銭的な負担が少ないということで、双方にとってWIN-WINの挙式スタイルではないかと思います♪

小さな結婚式

それ意外にも『少人数挙式』を専門でプロデュースしているところもあります。
代表的なのは小さな結婚式というところ。

小さな結婚式

「小さな結婚式」ではドレスレンタル料込みで6万7千円から行えるんです!

食事代は別料金ですが、年間1万5千組ものカップルが「小さな結婚式」で式を挙げられています。

特に小さな子さんがいらっしゃるご家庭などは「準備期間の捻出」や「費用の捻出」が難しいこともあるかと思います。「小さな結婚式」のような少人数挙式専門のところで行うと時間もお金もかからず挙式が挙げられるのは嬉しいですね。

『二人だけ』『家族だけ』『マタニティ』『子どもがいる』『再婚』『40~50代』『ペットと一緒』など様々な方が利用されているみたいです。

予算をあまり掛けたくない方はこういったところを利用するのもいいですね。

まとめ

私の予想ですが今後「ナシ婚」の増加とともに「挙式のみ」もしくは「家族・身内のみの挙式」「会費制ウェディング」は増えていくと思います。

不景気の影響もあり「何百万円」もかかる披露宴を行うことに「必要性」や「意味」を見いだせないという意見をこのごろよく耳にするようになりました。時代は確実に変わってきています。

私個人の意見としては「挙式のみ」であろうと「少人数の式」であろうと「挙式」は絶対にしたほうがいいと思っています。だって一生の思い出になります^^

人生は一度きり。後悔のない選択肢を選びたいものです。

知らなきゃ損! 2月のお得なキャンペーンはこちら!

会場の下見や、ブライダルフェアに参加する時は必ず予約サイトのキャンペーンをチェックしましょう。なんとフェアに参加するだけで商品券がもらえます!私達ももちろんゲットしました^^

どうせ式場見学に行くのならもらわなければ絶対に損です。

ここでは今月のキャンペーンをおすすめ順にランキングしています。

マイナビウエディング

当サイト限定キャンペーン実施中 当サイト限定! マイナビウエディング5周年記念 冬のカップル応援キャンペーン 2018年4月5日まで

■式場見学・フェア参加で最大45,000円分の商品券がもらえます!

キャンペーン詳細

当サイト限定!2018年4月5日まで。

マイナビウエディングで当サイト限定キャンペーン実施中です!当サイト限定キャンペーンでは貰える商品券の額がアップ!

通常最大3万5千円のところがなんと最大4万5千円になります♪デメリットはないので、是非利用してみてくださいね。


当サイト限定キャンペーンの詳細は以下のリンクからご覧くださいませ^^

ハナユメ(旧すぐ婚navi)

当サイト限定キャンペーン実施中 エントリー期限2018年3月5日まで。【タイアップサイト限定】ハナユメ 冬の結婚式場探し応援キャンペーン2018」のエントリーフォームよりエントリーし、 ハナユメから結婚式場の見学予約・ブライダルフェア予約をして参加 し、見学アンケートに回答すると、最大4万円分のギフト券プレゼント!

■フェアの予約・見学などで最大4万円分の商品券が貰える!

キャンペーン詳細

当サイト限定!2018年3月5日まで。

なんとハナユメでも当サイト経由限定キャンペーン実施中です!

当サイト経由でハナユメにアクセス。その後キャンペーンにエントリーし、ブライダルフェアや式場見学をすると最大で40,000円分の商品券がもらえます!

通常は最大3万5千円のところを、当サイト限定キャンペーンではなんと最大4万円にアップします^^


こちらも大変人気のキャンペーンとなっておりますよ^^

一番お得な式場予約サイトはどこ?

以下のページで式場予約サイトのキャンペーン情報をまとめていますので、参考にしてみてくださいね^^

参加するだけで商品券が貰えるので利用しないと絶対に損です! ブライダルフェアに参加してお得にフェアに参加しよう