>>今月オススメのキャンペーンは?

結婚式にあまりお金をかけたくない方へ。50万円以下で挙式ができるサービスを紹介します!

「結婚式って思ったよりお金がかかるんだな。今は貯金も少ないし諦めようかな」

そのお気持ちものすごく分かります。だって結婚式って「高すぎる」と思いませんか?

ただ今の時代、昔と違い挙式スタイルが多様化しているので、工夫次第で自己負担金を限りなく減らして結婚式を挙げることが可能です。

この記事では「あまりお金をかけないで質の高い結婚式ができる方法」をいくつか紹介したいと思います。

経済的事情で結婚式を諦めるカップルは意外と多い

厚生労働省の人口動態統計の結果によるとおよそ入籍を済ませたカップルのうちおよそ半数が結婚式を挙げない『ナシ婚』を選択しています。
2組に1組がナシ婚を選択している!

そして結婚式の挙げなかった理由として一番多いのは「経済的事情」です。なんと日本では経済的事情で結婚式を挙げたくても挙げられないカップルが年間10万組もいるんです。

本当は結婚式を挙げたいのに「経済的事情」で諦めるなんてやっぱり悲しい。

安くて質の高い結婚式ができる方法はたくさんある


ただ今の時代お金があまりなくても「質の高い結婚式を挙げられる方法」がたくさんあるんです。

知らないでいるのはもったいないし、経済的事情で結婚式を諦めている方にはぜひ知ってほしいと思います。

ちなみに「借金する」とかじゃないですよ(汗)

おすすめの方法はズバリ2つです。

  • 後払いOKのプロデュース会社を利用する
  • 少人数の挙式にする

このどちらかの方法をで、リーズナブルに結婚式を挙げることが可能になります。

ほんと多くのカップルに知ってほしいです。

一つずつメリットや特徴を見ていきましょう。

後払いOKのプロデュース会社を利用する方法


結婚式のプロデュース会社を一言で説明するなら「式場探しから、打ち合わせ、当日の挙式運営まで全部サポートしてくれるサービスを提供している会社」のことです。

今は結婚式のサービスが多様化しているので、会場と直接契約する以外にも、結婚式を挙げる方法がたくさんあるんですねー。

代表的なプロデュース会社
  • スマ婚
  • 楽婚
  • 小さな結婚式
  • RCUBE会費婚
  • ゼロ婚
  • 会費婚

多くのプロデュース会社は「ご祝儀を貰った後の後払いOK」なので,手持ちの資金がなくても結婚式が挙げられます。

また、プロデュース会社は基本的に自社の会場をもっていません。会場は他社から借りる形となっています。設備維持費などがかからない分、低コストで結婚式を挙げることが可能なんです。

プロデュース会社のメリット・デメリット

プロデュース会社のメリット
  • 持ち込み料や中間マージンをカットしているところが多く、従来の結婚式の半額以下で挙式ができる
  • 少規模な結婚式やマタニティ婚などプロデュース会社によって様々な特色や強みがある
  • 打ち合わせが短期間で済む

一番のメリットはやはり「費用面」です。様々なコストをカットしているため通常の結婚式の半額以下で可能です。

また、基本的にプロデュース会社は挙式内容をパッケージ化しており、打ち合わせなどが大変スムーズに進みます。時間がない方にも最適です。

もちろんプロデュース会社を使うデメリットもあります。

プロデュース会社のデメリット
  • パッケージ化されているため自由度が少ない
  • いいお日取りが取りにくい
  • プロデュース会社の質に差がある

会場を他社から借りていることで、良いお日取りはどうしても取りにくくなります。またパッケージプランがほとんどなので自由度も低い傾向があります。

またプロデュース会社はたくさんありますが、正直その質は玉石混交。評判の悪いプロデュース会社もあるので注意が必要です。

そこで!今回は個人的におすすめできる「プロデュース会社」を2つほど紹介したいと思います。

通常の結婚式とプロデュース会社の違いをもっと知りたい方は以下の記事もご覧くださいませ。

おすすめのプロデュース会社1 会費婚

まず第一におすすめしたいのがRCUBEという会社が運営している『会費婚』というサービス。

会費婚ロゴ

RCUBEの『会費婚』では、従来の結婚式の費用を徹底的に見直すことで、結婚式に必要なアイテム込み込みで最低5万円の自己資金から質の高い結婚式&披露宴ができる仕組みを提供されています。

ドレス&タキシードのレンタルを希望するなら自己負担額が25万円に上がってしまいますがそれでも安い。

またこの値段でもドレスはTAKAMI BRIDALやクチュールナオコなど有名ブランドから選べちゃうんです。

ウエディングドレス一覧

ちなみにですが、いわゆる普通の結婚式の場合、結婚式の自己負担額の平均は142.7万円となっています。会費婚はそれと比べると恐ろしいくらいリーズナブルですね。

挙式、披露宴・披露パーティにおけるカップルの自己負担額の平均。  1位 100~150万円未満 19.8% 2位 150~200万円未満 16.5% 3位 50~100万円未満 15.7%

もちろん安かろう悪かろうでは意味がありません。

その点会費婚は利用者の評判も上々。かなり満足のいく結婚式になっているようです(これは実際に取材済み)

そうそう。会費婚というと会費制の結婚式を想像しがちですが、いわゆるご祝儀制の普通の結婚式も選べます。

ただ会費制の方がゲストの負担が少なくなるので、喜ばれるかもしれません^^

会費婚の魅力と強み
  • ご祝儀を貰ってからの後払いOK
  • 持込料無料
  • 会場が130以上から選べる
  • お客様満足度95%
  • 必要なアイテムがあらかじめパッケージ化されているので追加費用がかかりにくい
会費婚のデメリット
  • 会費制という仕組みが一般的でない地域の場合年配の方には説明が必要
  • リーズナブルな分人気の日取りは予約が取りにくい会場がある

私ももし次結婚式をあげる機会があるなら真剣に利用を検討すると思います。

会費婚の公式サイトを見てみる

会費婚に関しては下記の記事でさらに詳しく解説しているのでよければご覧くださいませ。

おすすめプロデュース会社2 ハナユメ定額ウエディング

こちらは厳密にいうと「プロデュース会社」ではありませんが、リーズナブルに質の高い結婚式ができるので紹介させていただきます。

ハナユメ定額ウェディングというサービスです。

「ハナユメ定額ウエディング」とは「ご祝儀」を挙式費用に足すことで、自己負担を限りなく抑えて結婚式が挙げられるサービスのこと。
ハナユメ定額ウエディング トップページ

こちらのサービスはなんと自己負担が10万円以内でちゃんとした結婚式を挙げることができちゃうんです。

必要なアイテムがプラン内に全て含まれているため、費用が後から上がったり、追加料金がかかる心配もありません。

しかもご祝儀を貰った後の「後払い」&「カード払い」にも対応しているので、貯金があまり無い方でもOK!

ちなみにカード払いだとポイントが貯まってお得ですので、可能ならぜひ利用しましょう。

「ハナユメ定額ウエディング」はどちらかというと30~40名以内の小さな結婚式を挙げたい方向けのサービスですが、結婚式にあまりお金をかけたくないという方には打ってつけのサービスの一つとなっています。
ハナユメ定額ウェディング

ハナユメ定額ウエディングの魅力と強み
  • ご祝儀をもらってからの後払いOK
  • 必要なアイテムがあらかじめパッケージ化されているので追加費用がかかりにくい
  • 料金が明朗で分かりやすい
  • 結婚式当日の運営は「会場のスタッフが行う」ので進行がスムーズで安心
  • どのお日柄でも費用が変わらない

ハナユメ定額ウエディングの安さの秘密

ハナユメ定額ウエディングがリーズナブルなのには理由があります。

それは全てのアイテムがパッケージされているからです。

パッケージ化とは「必要なアイテムが全て含まれた定額料金」のことです。

式場って通常「あれもしたい」「これもしたい」と希望を入れていくとどんどん費用が上がっていきます。結婚式場の追加費用って結構えげつないですから、見積より100万円以上上がってしまうことも普通にあります(汗)

「ハナユメ定額ウエディング」は挙式に必要な物が全てパッケージ化されているので、追加費用がかかることが一切ありません。費用をかなり抑えて結婚式があげられるんです。

パッケージに含まれているもの(プランによって若干ことなります)

ハナユメ定額ウエディング パッケージに含まれているもの

デメリットは普通に挙式をする場合と比べて、自由度が低いこと。パッケージ化された中からアイテムを選んでいく形なので、こだわりが強い人には向かないかもしれません。

もちろん自由度が低いといっても多くの会場から選べますし、ドレスのラインナップも多彩です。大事な料理ももちろんフルコース!

打ち合わせの回数も少なくて済むので、マタニティの方や、時間がない方にはとっても人気みたいです^^

ss-img025

お金がない方にとっても助かるサービスですよね。

全国にあるハナユメのウェディングデスクで気軽に相談できるので、気になる方は行ってみてくださいね。相談やカウンセリングはもちろん無料ですよ^^

他の類似サービスとの違い

ハナユメ定額ウエディングには他のプロデュース会社にはない特徴があります。

あの有名なプロデュース会社のスマ婚と比較してその特徴を紹介してみましょう。

例えばスマ婚の場合、打ち合わせは「スマ婚」のデスクで進めていきます。挙式日当日の進行運営に関しても、「料理」や「サービススタッフ」は結婚式場が用意しますが、「介添人」や「司会者」「カメラマン」などは「スマ婚側」が用意して持ち込む形となります。会場の専属スタッフ以外が当日のダンドリを進めていくのはやっぱりちょっと不安ですよね。

ハナユメの場合は打ち合わせは実際の「会場」で行います。挙式日当日の進行・運営に関しても全て「結婚式場専属スタッフ」が行います。普通に考えると、会場側のスタッフが全部運営してくれたほうが色々と融通がきいて安心ですよね^^

つまりハナユメ定額ウエディングは「定額」と言えども、会場の専属スタッフが打ち合わせから当日の進行までしっかりと対応してくれるんですね。この差はかなり大きいと個人的には思います^^

「ハナユメ定額ウエディング」は同種のサービスと比較してもかなりオススメできると思っています。

デメリットとしては会場の選択肢が若干少ない点ですね。それと「持込料」に関しては会場ごとに設定が異なる点も注意です。

ハナユメ定額ウエディングのデメリット
  • 会場によっては持込料がかかる場合がある
  • エリアによっては会場の選択肢が少ない

条件さえ合えば大変おすすめできるので、一度チェックしてみてくださいね。

ハナユメ定額ウェディング


 
 

おすすめのプロデュース会社を2つ紹介させていただきました(厳密にはハナユメはプロデュース会社ではありませんが)

会費制にして新郎新婦だけでなくゲストの負担も減らしたい方は『会費婚』がオススメです。

やっぱり会場の専属スタッフに当日の進行をしてほしい方は『ハナユメ定額ウェディング』がオススメです。

どちらも従来の結婚式の半額以下で行なえますし、その質も高いです。

こんなカップルにオススメ!
  • 結婚式にお金をかけるよりその後の生活にお金をかけたい!
  • 結婚式より新婚旅行にお金をかけたい
  • あまりお金をかけずに質の高い結婚式&披露宴がしたい

上記に一つでも当てはまるカップルは「会費婚」or「ハナユメ定額ウエディング」は大変オススメですよ。

少人数挙式で費用を抑える方法


上記で紹介したのはサービスを使うのもいいですが、中には

「こういったサービスを使いたくない。もっと自由に会場を選びたい」

なんて方もいらっしゃると思います。プロデュース会社はリーズナブルとは言えやはり会場選びなどに制約がありますからね。

そこでプロデュース会社を通さずに費用を抑えて結婚式を挙げる方法を紹介したいと思います。

それはズバリ「少人数」で「挙式」することです!

式の後は披露宴を行わず「お食事会」にすればさらにかなりの節約になります。

当たり前すぎる答えにズッコケないでくださいね(^^;)

少人数挙式のメリット

実は少人数挙式はメリットがいっぱいあるんです!

少人数挙式のメリット
  • 準備が楽
  • 親しい人しかいないのでリラックスできる
  • 一人一人とちゃんと話せる時間がある
  • 家族との距離が近い
  • 費用が安くすむ
  • プレゼントを一人ひとり違うものを用意できる
  • スケジュールの調整がしやすい
  • 見世物感が減る

関連記事私達が実際に感じた少人数で挙式をする8つのメリット!

かくいう私は少人数の挙式にしたんです。親族と本当に中のいい友人だけを招待したとても小規模な結婚式でしたが、本当に心温まる結婚式になりました。

少人数って何人?

人数は多くても30人以内が該当します。

また「少人数」関しては色々なパターンがありますが代表的なのは以下の3パターンです。

  • ゲストを呼ばず二人だけで挙式する
  • 親兄弟のみ招待する
  • 親族とごく親しい友人だけを招待する

少人数挙式の費用相場

「ゼクシィ結婚トレンド2017」を参考に「当サイト独自に調べた人数ごとの割引率」などを加味した「挙式費用」と「自己負担額」を計算した表になります。

ゲストの人数挙式費用ご祝儀自己負担額
10人64万円33万円31万円
20人115万円66万円49万円
30人153万円99万円54万円

ゲストの数が30人程度なら自己負担額は50万より下になることが多いです。もちろん工夫次第でもっと安くすることも可能です。

挙式のみ婚もオススメです!

「あまり目立ちたくない」
「もっと費用を抑えたい」

こんなカップルは披露宴を行わない「挙式のみ婚」もオススメです。こちらも基本的には少人数挙式のくくりですね。

実は今の時代「挙式のみ婚」はかなり流行ってるんですよ。

挙式のみ婚のメリット
  • お金をかけず挙式ができるのでけじめがつけられる
  • 写真だけでも記念に残せる
  • 派手な結婚式や披露宴は気後れしてしまう方にピッタリ
  • 準備期間が少なく住むので妊娠している場合でもあまり負担がかからない
  • 再婚なので慎ましく挙式したい方にも合う

上記に一つでも当てはまる方には「挙式のみ」は大変オススメです。

もちろんその後家族とレストランで「お食事会」をするのもありですよ^^

挙式のみの場合いくらかかる?


挙式のみの場合、有名ホテルでもドレスなど必要なアイテムが全て込みでも20万~30万程度です。

さらにここからブーケなどを自分で持ち込めば、1万円から2万円は安くなります。

持込料は契約前なら交渉次第でサービスしてくれることが多いので交渉してみましょう^^

関連記事結婚式のブーケの相場と節約のポイント!いくつ必要?生花と造花はどっちがオススメ?

「挙式のみ」に対応した会場は実は多い

結婚式って普通「挙式+披露宴」がセットになっていると思われがちですが、挙式のみを提供している会場ってかなり多いんですよ。

例えば式場検索サイトの大手マイナビウエディングでは検索条件で「挙式のみ」で絞ることができます。

マイナビウエディングの検索画面

またマイナビウエディングのような検索サイトは「式場見学するだけで商品券が貰えるキャンペーン」というものを定期的に開催しています。貰える金額も3万~5万と高額!こういったキャンペーンを利用するとさらに費用が抑えられますよ。

もちろん気に入った式場がなければ制約の必要もありません(成約しなくてもギフト券は貰える)。

大変オトクなので式場見学に行く前に一度チェックしてみてくださいね。
関連記事利用しなきゃ絶対損!ブライダルフェアお得なキャンペーン情報のまとめ。今月一番お得なキャンペーンは?

小さな結婚式というサービスもある

もっともっと費用を抑えて「挙式のみ」を行いたいという方には【小さな結婚式】というサービスもあります。

小さな結婚式

いわゆる格安結婚式を運営しているサービスなのですが、こちらだとなんと全てコミコミで10万円以下におさまります。

もちろんこの費用の中に挙式に必要なものはほぼ含まれています。
小さな結婚式の基本プランに含まれるもの

土日に挙式を挙げる場合は割増料金が発生しますが、それでも基本プランのみで込み込みで10万円を大きく下回るのは素直にスゴイ。 コスパの良さは他式場と比較しても最高水準です。

評判も上々で、なんと年間1万組以上が利用されています。これは国内では最大級の利用者数です。

口コミサイトでも多くの会場で星4以上を獲得しています。
小さな結婚式 口コミ
結婚式の質は落としたくないけど、費用は節約したい。そんなカップルには最適なサービスだと思います^^

小さな結婚式の強み
  • 札幌~沖縄まで全国20ヶ所所以上に展開
  • 6万7,000円から挙式が可能
  • 年間約1万組が利用(国内最大級)
小さな結婚式のデメリット
  • プラン内のドレス・タキシードの種類が少ない(多くのドレスから選ぶなら追加料金が必要)
  • なんだかんだこだわると費用が上がる
  • お食事会もしたいなら別料金になる

多く目にするデメリットはプラン内のドレスの選択肢が少ないこと。またこだわると結局費用が上がってしまう点ですね。

それでも通常の結婚式よりは遥かにリーズナブルに挙式が可能です。

興味ある方は一度チャペルだけでも見学に行ってみてはいかがでしょうか。

少人数専門&格安ウェディング式場【小さな結婚式】

まとめ


あまりお金をかけずに結婚式を挙げる方法を紹介してきました。

そもそも結婚式って高すぎますよね。

こういったサービスがもっと普及すればいいのにと心から思います。

最後にもう一度オススメをまとめておきますね。

挙式&披露宴をちゃんと行いたい方

挙式だけでなく披露宴もしっかり行いたい方は以下の2つのサービスがオススメです。

会費制にして新郎新婦だけでなくゲストの負担も減らしたい方は『会費婚』がオススメです。

やっぱり会場の専属スタッフに当日の進行をしてほしい方は『ハナユメ定額ウェディング』がオススメです。

少人数にしてさらに費用を抑えたい方

  • お金をかけたくないけど挙式はしてけじめは付けたいカップル
  • 派手な結婚式や披露宴は気後れしてしまう方
  • 妊娠しているのであまり負担をかけたくない方
  • 再婚なので慎ましく挙式したい方

こんなカップルは「挙式のみ」+「お食事会」にしましょう。正直この方法が一番費用が抑えられますよ。

自分たちで自由に会場を探したい場合は、結婚式場サイトで「挙式のみ」という条件で検索しましょう。オススメの式場検索サイトはマイナビウエディングです。細かく条件を指定できますし、キャンペーンがかなりお得だからです。

とにかくコスパ重視という方は小さな結婚式がオススメです。「小さな結婚式」は業界内で最高レベルのコスパの良さです。

人生は一生に一度。経済的事情で結婚式を諦めるのはもったいないと思います。

皆様が素敵な結婚式を挙げられますように。

式場探しのサービス比較節約術

利用しなきゃ絶対損!10月のお得キャンペーン情報

現在ハナユメで特別キャンペーン開催中です!

なんと式場見学などで最大50,000円分のギフト券が貰えます。

ギフト券がもらえるハードルも低いですし、条件さえ満たせば全員貰えます。

とってもお得なキャンペーンになっているので式場をお探しの方はこの機会にぜひ^^ エントリー期限は2018年11月5日までとなっています。

【タイアップサイト限定】ハナユメWプレゼントキャンペーン2018年10月度

ハナユメの公式サイトを見てみる

タイアップキャンペーンの解説ページ

結婚式場探しで使える「キャンペーン」まとめ

ハナユメもそうですが、結婚式場探しは「キャンペーンがお得なサイト」を利用するのがオススメです! お好きな式場を見学するだけで3万円~5万円分の商品券が貰えます。

私ももちろん利用しましたよ^^

以下のページでオススメの式場予約サイトのキャンペーン情報を全部まとめていますので、参考にしてくださいね。

利用しないと絶対損!式場見学するだけで商品券がもらえるキャンペーンまとめ。今月一番のオススメは?
当サイトをフォローする
ブライダルフェアに行く前に読むサイト ~式場選びや結婚準備で後悔しないためのコツ・注意点~