少人数の挙式だと寂しい印象にならないだろうか?……と心配しているあなたへ

家族挙式や少人数での挙式をお考えの方が心配する点の一つに

「少人数での挙式だと寂しい印象にならないだろうか?」

というものがあります。

芸能人なんかを見ていると披露宴なんかを大人数ですごく華やかに行いますよね。演出も派手だし出席人数も多い。たくさんの人から祝福されて新郎新婦も本当に幸せそうにみえます。

少人数の小さな結婚の場合はどうでしょう。

人数が少なすぎてみすぼらしかったり、寂しい印象になったりしないでしょうか?

そう考えてしまうのも無理はないと思います。

私達の挙げた式は新郎新婦を入れても13人という小さなものでした。

やはり式を挙げる前は私達も「寂しい印象にならないかな?」とか「間が持つだろうか」と心配していたことを覚えています。

実際に少人数での式を挙げてみてどう感じたか

はっきりいって、楽しい思い出や温かい思い出ばかりで、少人数の寂しさなんて少しも感じませんでした。

これはもう不思議なくらいみじんも寂しさを感じませんでした(笑)

私達なりに理由を考えてみました。

少人数の式では付き合いで出席する人は一人もいません。出席者は皆、家族や親友といった本当に深いつながりのある人ばかりです。それだけに義理や付き合いじゃない心からのお祝いがいただけます。

気心知れた人たちに囲まれながらの結婚式や披露宴はたとえそれが少人数だろうと本当に和やかで心温まる式になります。

そりゃ盛り上がりでは大人数の披露宴にはかなわないかもしれません。

けれど【場の空気の優しさ】や【温かさ】は少人数の式も決して負けてないと思うのです。

結婚式は大きさや人数ではありません。参加してくださった方といかに心が通じあっているかのほうが大事だと思うんです。

義理や付き合いでもらう「おめでとう」なんて嬉しくもなんともないですから。

こちらの記事に少人数挙式で感じたメリットを書いています。よければ御覧くださいね^^

少人数で挙式をするカップルは確実に増えている

私達は式場を何件も下見しましたが、どの式場のプランナーさんも最近は少人数で式をあげる人が増えているとおっしゃっていました。

新郎新婦と双方のご両親の6人で挙げる方も少なくないそうです。

もちろん新郎新婦二人きりで挙げるケースもあります。

ゼクシィ結婚トレンド調査2013年度版の披露宴・披露パーティの招待客人数を見てみましょう。

30人未満の披露宴を行った人の割合を集計してみました。

30人未満の披露宴を行った人の割合

07年 4.9%
08年 6.5%
09年 5.6%
10年 7.1%
11年 不明
12年 6.9%
13年 7.6%

ゼクシィ結婚トレンド調査2013年度版より

徐々にですが少人数の式を挙げている人が増えているのが分かりますね。
2013年では13組に1組が30人未満の披露宴を行っています。

この傾向はこれからも続いていくのではないかと思います。

少人数の式をあげる理由は人それぞれです。

  • 「本当に仲の良い人だけで挙げたいから」
  • 「アットホームな式にしたかったから」
  • 「何百万円もお金を掛けたくない」
  • 「友人・知人が少ないから」
  • 「結婚式の準備が面倒」
  • 「ウェディングドレスは着たいけれど、見世物みたいになりたくないから」
  • 「本人は挙げたくないけれど、両親のたっての希望で仕方なく」
  • 「ご祝儀をいただくのが心苦しいから」

前向きな理由の人もいれば、後ろ向きな理由の人もいます。それだけニーズが多様化しているということでもありますね。

大事なのは人数ではなく「結婚式を挙げる本人」が何を望んでいるかです。

見栄やプライドで挙げたくもない形で式を挙げるより、たとえ少人数でも自分の希望通りの形で挙げたほうがいいに決まっています。

どちらにせよ結婚式というのはほとんどの方にとって一生に一度。そうそう味わうことのないイベントです。

少人数の式は寂しいだろうか……なんて考えて式を挙げるのをやめてしまうのはもったいないと思います。

少しばかりの注意点

ただ少人数での結婚式&披露宴を寂しい印象にさせないためには少しばかりの注意点があります。
いくつか書いていきたいと思います。

式場を選ぶときは「少人数」に対応しているところを選ぶ。

あたりまえのことですが、少人数に対応している式場を選びましょう。
最近ではほとんどの式場が「少人数プラン」というのを設定しているので、探すのはそこまで大変ではないはずです。

ニーズが多様化している現在。「少人数での挙式プラン」に対応していない式場ははっきりいって時代遅れです。最初から選ぶ必要はないです(きっぱり)

式場予約サイトには「細かい検索条件」が指定できるところがほとんど

例えば【マイナビウエディング】には次のような項目が合って、少人数挙式に対応している会場を簡単に絞り込むことができます。マイナビウェディング 少人数

少人数挙式を検討している方は、条件で指定すると探しやすいと思いますよ^^

ブライダルフェアでプランナーさんの対応をチェックしよう

式場によっては少人数ならではのオリジナルプランがあるところもあります。また少人数挙式ならではのノウハウをたくさん持っている式場もあります。

反対に「少人数挙式」にあまり力を入れてないところがあるのも事実。そういうところだと、ノウハウが少ないので披露宴がただの食事会で終わってしまう恐れもあるので注意が必要です。

ただこれはブライダルフェアに行けば大体分かります。

ブライダルフェアにいって担当のプランナーさんに少人数での挙式を希望していることをはっきりと伝えましょう。

そのときににプランナーさんがじっくり相談に乗ってくれなかったり、具体的なプランニングやアイデアがなかったりした場合はその式場で式を挙げるのは考えたほうがいいかもしれません。
(幸いなことに私達はそういったプランナーさんにあたったことはありませんが)

会場の広さもチェック

あまり広い会場だとスペースがあまって寂しい印象を与えてしまうこともあるので披露宴会場の広さをチェックするのも忘れないようにしましょう。

結婚式専門の会場ではなくレストランやホテルで式を挙げるのもいいですね♪

悩んでいるならとにかくブライダルフェアに行け!

それでもまだ心配な人はとにかくどこでもいいからブライダルフェアに一度行ってみることをおすすめします。

実際に式場を見てみるとどんどんイメージが固まってきます。

そしてプランナーさんに色々と相談してみましょう。具体的なイメージができてくればくるほど、あなたの不安も小さくなっていくと思います。

当ブログでもブライダルフェアのレポートをいくつか書いているのでよければ御覧ください。

まとめ

今は籍は入れても結婚式を挙げないカップルも増えているそうですね。

そんな中たとえ少人数でも結婚式をあげられることってとても幸せなことだと思います。

私達は13人で小さな式を挙げましたが、本当に満足しているし、素敵な時間を過ごせだと思っています。

少人数の式は温かいし一生忘れることのできない素敵な思い出になりますよ^^

知らなきゃ損! 2月のお得なキャンペーンはこちら!

会場の下見や、ブライダルフェアに参加する時は必ず予約サイトのキャンペーンをチェックしましょう。なんとフェアに参加するだけで商品券がもらえます!私達ももちろんゲットしました^^

どうせ式場見学に行くのならもらわなければ絶対に損です。

ここでは今月のキャンペーンをおすすめ順にランキングしています。

マイナビウエディング

当サイト限定キャンペーン実施中 当サイト限定! マイナビウエディング5周年記念 冬のカップル応援キャンペーン 2018年4月5日まで

■式場見学・フェア参加で最大45,000円分の商品券がもらえます!

キャンペーン詳細

当サイト限定!2018年4月5日まで。

マイナビウエディングで当サイト限定キャンペーン実施中です!当サイト限定キャンペーンでは貰える商品券の額がアップ!

通常最大3万5千円のところがなんと最大4万5千円になります♪デメリットはないので、是非利用してみてくださいね。


当サイト限定キャンペーンの詳細は以下のリンクからご覧くださいませ^^

ハナユメ(旧すぐ婚navi)

当サイト限定キャンペーン実施中 エントリー期限2018年3月5日まで。【タイアップサイト限定】ハナユメ 冬の結婚式場探し応援キャンペーン2018」のエントリーフォームよりエントリーし、 ハナユメから結婚式場の見学予約・ブライダルフェア予約をして参加 し、見学アンケートに回答すると、最大4万円分のギフト券プレゼント!

■フェアの予約・見学などで最大4万円分の商品券が貰える!

キャンペーン詳細

当サイト限定!2018年3月5日まで。

なんとハナユメでも当サイト経由限定キャンペーン実施中です!

当サイト経由でハナユメにアクセス。その後キャンペーンにエントリーし、ブライダルフェアや式場見学をすると最大で40,000円分の商品券がもらえます!

通常は最大3万5千円のところを、当サイト限定キャンペーンではなんと最大4万円にアップします^^


こちらも大変人気のキャンペーンとなっておりますよ^^

一番お得な式場予約サイトはどこ?

以下のページで式場予約サイトのキャンペーン情報をまとめていますので、参考にしてみてくださいね^^

参加するだけで商品券が貰えるので利用しないと絶対に損です! ブライダルフェアに参加してお得にフェアに参加しよう

2 件のコメント