今月オススメのキャンペーンは?ここをクリック♪

結婚式の招待人数で自己負担額はどれだけ変わる?人数別自己負担額を徹底調査!

本ページはPRを含みます。

結婚式の準備を進める中で、多くのカップルが悩むのが結婚式の費用の問題。

一般的に、招待客の人数が増えれば自己負担額も上がると考えられがちですが、実はそう単純ではありません。

実際はゲストの人数が増えるほど、ご祝儀の額も増えるので、そこまでの負担にならないケースが多いんです。

そこでこの記事では、ゲストの人数と自己負担額の関係を詳しく見ていきたいと思います。

ハナユメで最大65,000円分の
電子マネーが貰える!

結婚式の予定がある人は全員ハナヨメのキャンペーンを利用したほうがいいです。式場見学だけで数万円の電子マネーが貰えます。

結婚式をするか迷っている方でも大丈夫!キャンペーンに参加することで、結婚式が本当に必要かどうか見えてきて、同時にお小遣いも稼げます。

いまなら下記の専用ページからエントリーすると特典が5,000円分アップ!デメリットは一切ないのでぜひご活用くださいませ。

>>ハナユメのタイアップキャンペーン解説

エントリー期限:2024年7月25日(木)まで

目次

人数別の結婚式費用総額はどれくらい?

まずは下記のデータをごらんください。様々な統計を元に当サイトが独自に算出した結婚式の費用の平均とご祝儀額、自己負担額をまとめた表になります。

ゲスト人数結婚式総額
(平均)
ご祝儀
(平均)
おおよその
自己負担額
~9人108万円23万円85万円
10~19人155万円46万円109万円
20~29人215万円79万円136万円
30~39人270万円112万円158万円
40~49人325万円145万円180万円
50~59人370万円178万円192万円
60~69人400万円211万円189万円
70~79人435万円244万円191万円
80~89人455万円277万円178万円
90~99人465万円310万円155万円
※ゼクシィ結婚トレンド調査、ハナユメ、ウェディングパークのデータを参考に当サイトで独自に算出

結婚式の費用は個人差がとっても大きいので参考程度に御覧くださいませ。

自己負担額がいわゆる「自分のお財布からいくら出すか」という項目です。

ゲストの人数が増えるほど自己負担額も上がっているように見えますが、60人前後から上昇率が緩やかになり、80人を堺に自己負担額が下がっている点に注目してください。

これが「ご祝儀」の力ですね。

ゲストが増えても自己負担額が急増しない理由

ゲストが増えると結婚式の総費用は確実に上がります。ただそれと同時にご祝儀の額も増加します。

基本的に新郎新婦が会場に払う金額は、結婚式の総費用から頂いたご祝儀の額を引いたモノになります。

自己負担額=挙式費用総額ーご祝儀

なので、意外と自己負担額が少なくて済むケースが多いんですね。

ご祝儀の相場はどれくらい?

ご祝儀の金額は、招待客と新郎新婦の関係性によって変わります。以下に、一般的な相場を紹介しますね。

親族からのご祝儀

  • 両親:100,000円〜300,000円以上(新生活の支援という意味合いが強い)
  • 兄弟姉妹:50,000円〜100,000円
  • 叔父叔母:30,000円〜50,000円
  • いとこ:20,000円〜30,000円

職場関係のご祝儀

  • 上司:30,000円〜50,000円
  • 同僚・部下:20,000円〜30,000円
  • 取引先:30,000円〜50,000円(関係性や立場によってはそれ以上)

友人からのご祝儀

  • 親友:30,000円〜50,000円
  • 一般的な友人:20,000円〜30,000円
  • 学生の友人:10,000円〜20,000円

その他

  • 恩師:30,000円〜50,000円

ゲストの人数が増えると上がりやすい費用とは?

続いて結婚式にかかる費用の内訳を見ていきましょう。基本的に以下の9つに分けることができます。

  • 挙式料
  • 会場費
  • 料理・飲み物代
  • 衣装代
  • 装花代
  • 演出費
  • 引き出物代
  • 印刷物(招待状、席次表、席札など)
  • 写真・映像

これらの項目の中で、招待客の人数に比例して増加するのは主に「料理・飲み物代」「引き出物代」「印刷物」です。

それ以外の項目は、ある意味固定費とも言えるので、ゲストの人数で費用が分散されます。

もちろん会場が大きくなれば固定も上がりますが、人数で大きく分散されるので、そこまでの負担になりません。

参考までに各項目の一人あたりの費用も見てみましょう!

料理・飲み物代の相場

一人当たりの料理+飲み物費用の合計

平均22,000

出典:「ゼクシィ 結婚トレンド調査2023調べ」

引き出物代の平均

一人当たりの引出物の金額

平均5,800円

出典:「ゼクシィ 結婚トレンド調査2023調べ」

印刷物の平均

ペーパーアイテムの一枚あたりの作成費

招待状:約250円
席次表:約230円
席札:約172円

30人VS100人!人数ごとの自己負担額の増加率を見てみる!

もう少し具体的な数字で見てみましょう。以下は30人、50人、100人の結婚式を比較した場合の簡単な試算例です

これらの数値は、複数の結婚情報サイトや調査データを参考に算出していますが、結婚式は個人差がとっても大きいもの。費用に関しては参考程度にご覧くださいませ。

項目30人規模50人規模100人規模
会場費50万円70万円100万円
料理・飲み物代60万円100万円200万円
衣装代30万円30万円30万円
装花代20万円25万円35万円
演出費15万円20万円30万円
引き出物代15万円25万円50万円
印刷物5万円10万円20万円
写真・映像25万円25万円25万円
総費用220万円305万円490万円
ご祝儀99万円165万円330万円
自己負担額121万円140万円160万円

ゲストの人数30人と100人を比べてみると総費用は270万円の差があるのに対し、自己負担額は40万程度しか差がありません。

自己負担額の上昇率はゲストの人数が増えれば増えるほど緩やかになるんですね。

これぞご祝儀パワー!

ちなみに上記の表から算出したゲスト一人当たりにかかる費用は以下の通りです。

  • 30人規模:約7.3万円/人
  • 50人規模:約6.3万円/人
  • 100人規模:約5.1万円/人

人数が増えれば増えるほど一人あたりの単価が下がっていることが分かりますね。

つまり、「挙式費用を節約したい」という名目でゲストの人数を減らすのは逆効果になる可能性があるということでもあります。

ご祝儀を当てにしすぎるのは危険?

とはいえご祝儀を過度に当てにしすぎるのもリスクがあります。

なぜかというと、ご祝儀の金額って予想外になることが多いんです。ゲストが都合で来られなくなったり、景気が悪くて皆さんの懐具合が厳しかったり…。期待していた分のご祝儀が集まらないことも意外と多いんです

なので自己負担額を試算するときは、ご祝儀の予想は控えめ設定しておきましょう。一般的な相場より2〜3割少なめで考えると安心です。

まとめ

というわけで結婚式のゲスト人数と自己負担額の関係に関してまとめてみました。

一般的に、ゲスト数が増えても、ご祝儀のおかげで自己負担額は予想以上に増えないことが多いです。

ただし、結婚式の費用は個人差が大きいため、実際に試算してみることが大切!

ただ、ご自身で試算するのは難しいと思うので、おすすめの方法は

  1. まずはゲスト人数の目安を決める
  2. 結婚式場の見学やブライダルフェアに参加する
  3. 会場のプランナーに人数ごとの見積もりを作成してもらう

これらの手順を踏むことで、より具体的なイメージが掴めると思います。

見学の際は以下のキャンペーンを利用すれば、お小遣いも稼げて一石二鳥です。

結婚式は人生の大イベント。費用面だけでなく、大切な人々との温かな時間を心に刻める素敵な1日になりますように。楽しみながら準備を進めてくださいね!

素敵な結婚式になりますように……。

  • URLをコピーしました!
目次