>>今月オススメのキャンペーンは?

ゼクシィと楽天ウェディングの違いを徹底比較。どちらがオススメか10秒で分かります。

ゼクシィと楽天ウエディングは何が違うの? どっちがおすすめ?

*楽天ウェディングは2018年10月31日(水)にサービスが終了になりました。この記事は参考までに消さずに残しておきます。

数多くある結婚式情報サイト。その中でも代表的なのがやっぱり「ゼクシィ」ですよね。

一方楽天が運営する「楽天ウエディング」という結婚情報サイトもあります。

どちらも結婚式場を探している方には大変心強いサービスとなっております。

ただここでいくつかの疑問が。

  • 結婚式場を探すのにゼクシィと楽天ウエディングはどちらがオススメなの?
  • サービスにはどんな違いがあるの?

そんな方々に向けてゼクシィと楽天ウエディングの違いについて徹底的に比較していきたいと思います。

結論から言うとゼクシィがオススメ!

結論から言うとゼクシィがオススメです!

  • 式場の網羅性
  • クチコミの豊富さ
  • キャンペーンの内容

全てにおいてゼクシィが勝っています。

ゼクシィと楽天ウエディングは一体何が違うの?

ゼクシィと楽天ウエディングは一体何が違うのでしょうか?

どちらのサイトとも「全国の結婚式場から自分にあった式場を検索し、オンラインでブライダルフェアや下見相談の予約ができるサービス」という点では同じです。

まずは各サイトの特徴を比較してみますね(勝ってる方を黒字にしています)

ゼクシィ楽天ウェディング
式場掲載数約2,500件約2,000件
対応エリア日本全国日本全国
キャンペーンの内容最大40,000円の商品券最大35,000ポイント
相談カウンター全国に65店舗銀座に1店舗
サイトの使いやすさ普通普通
クチコミや
体験レポートの充実度
大変充実しているそこまで多くない
アプリの有無使いやすいアプリがあるフォトウェディングの予約アプリのみ
割引プランや成約特典特になし結婚式の実施でもポイントがもらえる

式場の掲載数はゼクシィのほうが多いですね。ゼクシィは知名度がナンバーワンなのでそれだけ利用者が多いサイトです。

キャンペーンに関しても今月はゼクシィのほうが魅力的です。

キャンペーンの内容で比べてみる

ゼクシィも楽天ウエディングも「式場見学やブライダルフェアの参加で商品券が貰える」というキャンペーンを開催しています。

こちらも比較してみましょう。

ゼクシィ&マイナビウエディングキャンペーン比較表

ゼクシィ楽天ウェディング
貰える商品券の額最大40,000円最大35,000円
先着・抽選先着3,500名様まで全員もらえる
成約特典特になし成約でもポイントが貰える

ゼクシィのキャンペーン詳細

ゼクシィ25周年式場探しキャンペーン実施中! 2018年12月度

ゼクシィでは現在「挙式・披露宴会場の見学・ブライダルフェア予約でJCBギフトカード40,000円分当たる」というキャンペーンを開催しています。

こちらはゼクシィの25周年キャンペーンということで、いつもより豪華になっています。

もらえる金額の詳細
    先着3,500名様まで

  • 1件の予約で5,000円
  • 2件の予約で30,000円
  • 3件以上の予約で40,000円

のJCBギフトカードが貰えます。

楽天ウエディングのキャンペーン詳細

楽天ウェディングでも現在「楽天ウェディングで結婚式場のブライダルフェア・下見・相談に参加すると最大35,000ポイント貰える」というキャンペーンを開催しています。

貰えるポイントの詳細
  • ブライダルフェア・下見・相談の参加で最大15,000ポイント。
  • さらに結婚式の成約で最大20,000ポイント

合計で最大35,000ポイントが貰えます。

もちろんポイントは楽天の各店舗で使用可能です。


もらえる最大額は同じなので最終的にはお好みですが、今月に関してはゼクシィのほうが特典をもらえるハードルが低いです。

ゼクシィは2件見学予約時にいきなり30,000円分と貰える金額が跳ね上がっているので、大変オトクですね^^

結論:今月のキャンペーンはゼクシィの方が魅力的

各地域ごとの式場掲載数で比べてみる

日本地図 楽天ウエディング
では続いてゼクシィと楽天ウェディングの対応エリアごとの式場の掲載数を比較してみましょう。

*2018年3月現在のデータを元にしています。

地域ゼクシィ楽天
ウエディング
北海道8771
東北青森148
岩手1817
秋田1413
山形2114
福島3228
宮城4347
北陸・甲信越山梨1916
長野8359
新潟4727
福井2213
石川3728
富山1916
関東
(首都圏)
東京328319
神奈川112106
埼玉6257
栃木4230
茨木4534
千葉6153
群馬4726
東海愛知210109
岐阜5143
三重4324
静岡8062
関西大阪162131
兵庫11872
京都8651
滋賀3322
奈良2014
和歌山810
中国島根47
鳥取25
山口2213
広島6598
岡山4830
四国徳島119
香川2919
愛媛2915
高知84
九州福岡12168
佐賀188
長崎3416
熊本3518
大分328
宮崎139
鹿児島3217
沖縄2293
合計24891957

一部楽天ウエディングが多い地域もありますが、ほとんどの地域でゼクシィのほうが多いです。ただ、楽天もゼクシィも人気の式場は過不足無く抑えているため、どちらを使ってもラインナップに不満は出ないと思います。

ちなみに最も結婚式場が多い東京では楽天が319会場掲載。ゼクシィが328会場掲載とそこまで大差はありません。楽天はこのところ掲載数を拡大しているので、どんどん差がなくなってくるかもしれません。

結論:掲載式場数はゼクシィの方が多い

会場の探しやすさ

会場検索のしやすさは楽天に軍配が上がります。

特にこだわり条件での検索が楽天はとっても細かい。

例えば楽天では「ベジタリアン対応」といったこだわりの指定や、

楽天ウエディング ベジタリアン対応

楽天ウエディング

移動の際に雨にぬれない会場など本当に細かい条件で検索できます。

楽天ウエディング

また表示順序のソートも簡単にできます。

会場のソート機能

楽天ウエディング

もちろんゼクシィでもこだわり条件での検索はできますが、楽天ほど指定できる項目が多くありません。

ゼクシィ こだわり条件検索

ゼクシィ こだわり条件検索

ただゼクシィのサイトはノウハウ系の記事が豊富で見てるだけでとても勉強になります。結婚準備の進捗が管理できる「ダンドリチェック機能」もとっても便利です^^。
ゼクシィ ダンドリチェック機能が便利!

お互いのいいところを使い分けるのが一番の使い方かもしれません。

結論:会場の探しやすさは楽天のほうが上。ノウハウ系の記事はゼクシィの方が上。

クチコミの多さ

クチコミ
やはりブライダル情報サイト王道ゼクシィ。クチコミの数は楽天ウェディングよりゼクシィのほうが多いですね。またゼクシィは体験レポートなどのコンテンツも豊富。読み物としてはゼクシィのほうが参考になると思います^^

楽天にももちろんクチコミ投稿はありますが、やはりゼクシィよりは多くありません。口コミは複数のサイトを色々比較してみてみるのがオススメですね。

結論:クチコミはゼクシィのほうが多い

割引プランや成約特典は?

ゼクシィはこれといった割引プランはありません。

楽天は式場によって「成約ポイント」というものがつきます。

下記は楽天ウェディングのとある式場の詳細画面です。「結婚式の実施でもポイントがもらえる」という記載があると思います。
楽天は結婚式の実施でもポイントがもらえる

楽天は結婚式場の見学だけでなく、実施でもポイントがもらえるんですね。ちなみに実施ポイントは会場によって異なります。

結論:楽天は「結婚式の実施でもポイントがもらえる」からお得。

アプリの有無と使い勝手

ゼクシィのアプリ

ゼクシィには使いやすいアプリがあります。ゼクシィアプリでは「式場検索」から「ダンドリチェック機能」「ノウハウ系の記事の掲載」など機能的に大変充実しています。アプリだけでしか読めない記事なども豊富で飽きさせません。もちろんアプリから式場の見学予約もできちゃいます。
ゼクシィ アプリ画面

楽天ウェディングのアプリ

楽天も「ピクマリ」というアプリをだしていますが、これは式場検索アプリではありません。あくまでもフォトウエディングに対応している会場や店舗のみを探せるアプリとなっています。フォトウエディングをお考えなら大変便利なアプリですが、いわゆる通常の式場探しには使えません。
ピクマリ アプリ画面

結論:アプリの使い勝手はゼクシィのほうが上。楽天にはフォトウエディング専用アプリしかない。

運営元はどんな会社なの?

ゼクシィはリクルートが運営している

株式会社リクルートホールディングス ロゴ
ゼクシィはあの東証一部上々企業のリクルートが運営しています。求人広告、人材派遣、人材紹介、販売促進など多くのサービスを手がける大企業です。よくテレビでCMも流していますし、ご存知のかたも多いのではと思います^^

2017年3月期連結決算によるとグループ全体の売上高はなんと1兆8399億8700万円という良くわからない数字です(汗)超々大手企業なので安心して利用できると思います。

楽天ウェディングは楽天株式会社が運営している

楽天ウェディング ロゴ
楽天ウェディングは楽天株式会社という会社が運営しています。といっても皆さんご存知だと思います^^皆様も一度くらいは楽天市場でお買い物したことがあるのではないでしょうか?

楽天は楽天市場の他にも楽天トラベル、楽天銀行、楽天証券など幅広いECサイトを展開しています。昨年はクレジットカード事業が大変好調だったみたいですね。

楽天という社名の由来は、様々な商品・サービスが活発に取引される場である「楽市楽座」に、明るく前向きな「楽天」のイメージを合わせることにより生まれたんですって。

ゼクシィと楽天ウエディングはどっちがオススメ?

最後に当サイト独断と偏見による(笑)、オススメを紹介したいと思います。

今回紹介してきた2つのサイトを簡単に説明すると

会場の掲載数が多く、すべての情報を網羅するド定番のゼクシィ。

会場掲載はゼクシィより少ないもののキャンペーンが魅力的な楽天ウエディング。

といった感じです。

私個人としては使いやすさでは「ゼクシィ」の方が上だと思います。キャンペーンも魅力的ですしね。

やはり王道は強し!といった感じです。

ゼクシィを見てみる